駒と馬
辞書(広辞苑)では駒とは乗用馬であるとされる。その昔、馬に乗るのは貴人か武人に限られた。馬の中から体型優位の雄を選び、乗用、戦用とした。齢若くから選ぶから同時に若い馬の意にもつながる。

古謡では駒の本意を謳いに残す。那須大八が平家落人の屋敷に巡回する様は胴丸小大刀の乗馬。鶴富姫が大八に逢うため抜け出る言い訳は「駒に水やりょと」出ませ(宮崎椎葉稗つき節)。
那須与一が舟の扇に矢を射た時に立ったのは「駒立岩」(=高松市字牟礼の言い伝え)

馬は選別から外れた劣等級。
荷を運ぶを駄馬、田を耕すを「代馬」(白と当てるも代掻き馬)
代掻きを着飾っても駒にはならない馬(岩手農村のチャグチャグ馬こ)



馬ながら仕立ては駒、年に一度のハレの日の子供乗馬だから許されたのか。定家歌の駒の様を想像してください。写真は滝沢市観光協会HPから(馬はアジア系和種ではない、優勢個体の駒にしてもこれほどの高さはない、明治期に改良された馬であろう)
 部族民通信ホームページ 投稿6月30日   開設元年6月10日 更新
         部族民通信   
  日は数え月を読む 2 (読み物)   サイト主宰・蕃神(ハカミ)
渡来部
須万男の寄稿
   

二部(一部の万葉浪漫を構造主義がぶちこわすから、読まないが幸せ)

小筆は釈然としません。歌の訴えがあまりにも定型化しているからです。

その定型とは

1 女は月の出を待っている、今夜か明日の夜かと男を待っている

2 男が訪れない女は月の明かりを見て泣く。逢い引きに良い月夜なのに(あなたは)来てくれないのねと。女の歌で「あの人はもう来ない、我が袖は濡れたまま」なるパターンが多い。

3 男の歌で「行けなくなった、あの子はさぞかし嘆いていることか」が多い。これは2の裏返しです。

4 嫌よと女が振る、振られ男が泣きわめく。近所の老婆なんかに見つかって噂になる。こうしたネガティブ系はありません。

(以上はあくまで素人の感触です、正しくは全歌を吟味解析して統計をとる要は残るが、それは専門家がいるので)

 

歌作りが定型化している背景を突き詰めているうちに、妻問いの歌とは実体験を詠っていない。願望、あるいは社会がかくあれと決めた定型、ステレオタイプを歌にしただけではないかと疑いました。

 

題詠という和歌の分野があります。本歌取り(なりすまし技法)も後世(新古今あたりか)は盛んです。いずれも実体験にはよらずその状景、場面に歌人が入り込み、あたかもその人物に成りきって詠う。架空の歌状景です。例として一首あげる;

 

♪駒止めて袖打ち払う陰もなし佐野の渡りの雪の夕暮れ♪

 

「駒」とは貴人あるいは高位の武人が乗る馬、若い馬、美しく飾り立てられる駿馬。駒と聞けば(平安時期には)乗る者の華麗さをも思い浮かべる。袖を打ち払うのは雅な貴人、狩衣、冠、山鳥の尾羽を華麗に着していた。佐野を和歌山新宮とするが解釈らしいが、小筆は下野(栃木)の佐野の舟渡しの場と永らく信じていたし。状景は雪の景色なので今もそう思う。

一面の雪、渡し場の舟列も雪に隠れる、渡し守は見えない。駒の一騎、降る雪をしのぐ木陰すら見えない、そに乗る貴人の肩に積もる雪。白一色の雪景色から雅人、華麗な旅姿が浮かぶ。そんな状景です。

長忌寸奥麻呂の作の本歌は雨に打たれる、そちらは実体験であろう。歌としては定家に軍配は上がる。しかし彼が駒を駆り、下野佐野に遠乗りして、名物の渡しで雪に冠を被われた経験はない。

なりすまし、あるいは本歌取りは技巧に偏り、歌としては退廃している。語意が強いかな、円熟しているとする。それがすでに万葉に時代(成立は西暦800年以前)に一般化していたのではないかと疑う。すると巻頭の雄略天皇の御歌と大神神社の縁起(古事記)の意味が分かってきた。

 

レヴィストロース(哲学社会人類学、1909~2009年、構造主義の旗手)は「悲しき熱帯」(Tristes Tropiques)でサンタクロース伝説を取り上げ興味深い分析を見せている(生者と死者=les vivants et les morts, 23章、叢書Terre humaineのポケット版でP283)。サンタクロースを信じる側(子供)と仕掛ける側(親など社会)とする対立構造(Dualite)を持ち込み、「社会の維持」であるとしている。

まず、信じる心の仕組みをCredulite,Naivete=信じやすさ=としている。この心情は子供にのみ現れる仕組みではない。途方もない信仰や慣習をもつ未開人、例えば部族の全財産を消費して、隣の別部族に贈り物を届けるなど(アメリカ原住民に拡がっていたポトラッチ)。贈り物を届けることで酋長の名誉が保たれると(たわいもなく)信じていた。これもCreduliteであるとして、「信じやすさ」の一般性をこれら例にしてレヴィストロースが指摘した。辞書を開けばCreduliteはスタンダード辞書では「軽信」とやや否定的に説明しているが、フランス語では否定語感はつきまとわず不確かな土台にもかかわらず信じてしまう「広い」心(Robert)としている。心の広さgenerosite寛大にして「おおらかさ、天真爛漫」が含意される。

サンタクロース神話に戻る。

夜中にトナカイの橇で空中を旅し、(君にプレゼントするため)煙突から入り込むというおよそ(子供心にも)およそあり得ない話を信じるのは「物事の道理を知らない幼稚さ」と誰も、切り捨てていない事実がある。この純真さこそが「社会構造」に不可欠。こう論じた。一節の拙訳をここに引用する:

彼ら(子供)の熱中を目にすると私たちまで熱くなる。信じてしまうほどだ。この天真爛漫さが、寛大(generosite)とは世の現実と必ずしも相反していないと我々も気付く。(同P283

親と子の位置と関係は畢竟、家族の基盤であり、社会構造の基礎であります。子供の信心(credulite)と親の現実主義が共感し、互いの居場所を確認しあう。親子の対峙が寛大を媒体して行動の基準が思いやりに反映され、家庭の維持に役立つ。熱中を目にすると私たちまで熱くなるはあっさりとした記述ですが構造主義なりの分析をしっかり表す数行と言えます。

 

さて、

万葉集を開き妻問い月待ちの句に帯びる真摯に感動する一方、あまりにもステレオタイプ化していると小筆は気付いた。

決して「実体験」ではなく「妻問い」はかくあれと希求している男女歌人の願いではないかと。門脇に待ち焦がれる女姿こそ、必ずどこかで(私ではない)よき妹が実践しているし、月の夜道を息せき切る男の思い遣りだって(私には無理だが)かくも真剣に実行されているのだ。これら思いとは歌人達の信じやすさCreduliteではないかと感じ入る次第です。

万葉妻問い歌は一の歌にも実体験は無くすべてがかくのごとき心情、信じやすさで詠まれたのだと感じ入る次第です。

愛しい恋人よ、私を待っていておくれ、私を待つとは月の上りを待つのだよ。今日は17夜だから、日が沈んで追っつけ月が上るから、門の脇で立っていておくれよ。

この意味合いの句が、立ち待ちを居待ち、寝て待ち、夜更けになるけど待つなどにバージョンが移り変わって、ああでもないこうでもないと詠っているのではないかと。

そして分かった。

なぜ雄略天皇の♪こもよみこも持ち…♪が巻頭に置かれたのか、そして大神神社の縁起(=古事記)で神社の主が美しい若者だったのも、それぞれが、そうした状況の中に思想が潜ませ、思想とは状況を篩い分けの濾過機構でもって、登場するおのおのを脱脂還元し、ひたすら美化している純粋培養に他ならない。いわば至高を歌に詠むロマン主義極点の「理想」がこれら月読み万葉に表現されている。

 

万葉集は構造主義の教科書である。

妻問い願望とはレヴィストロースが規定する「イデオロギーと形態の対峙」そのものである。妻問いの歌はその思想を語っているのです。実体は確かにそこに存在している、けれどその実体を思想と比べては姿動きは美しくもなく、やりとりの男女心の均整が、求めて求められる合い思いで展開する風情もない。女に振られる、飽きられ袖にされる、男が逃げる、そんな破局が多かったはずである。いずこも変わらず真実は「猫と女は呼ぶほど逃げる」(メリメ)。

それ故、妻問いへの男の信じやすさには飾られた思想が必要だった。それは共同幻想であるとしても。

 

妻問いの相方(七生落の)美子チャンは、夕暮れを迎えると通い兄子(セコ、恋人)の南平郷のヨッチャンを「いまかいまかと待つ」らしい。ヨッチャンが通えない夜には美子チャンは「濡らす袖の乾く間もないほど恋いこがれているようだ。妻問いに最適の月の塩梅が16とか17,18夜に、ヨッチャンが別の用事で来ないとなったら「まばゆい月め失せろ、闇夜たれと呪っちゃう」までに混乱するらしい。

「辞を変え言い回しを変え」万葉集にはこれら歌趣の句が出てくるが、それだけにあまりにもパターン化している。「振られた」とか「小煩いからお見限りよ」など自然主義描写は詠まれてない。

 

雑感2

万葉の歌人が詠う娘さんはかくもスッゴーク純情。けれどそんな女の純情さなんて、どうにも頭と首を共にひねってもあり得ない。そもそも男女の仲は騙しあい、引っ張り押しつけの駆け引きが基本だから、万葉の代のみに妻問い「エデンの園」が実現したとは思えない。しかし妻問いにエデン園をこれほどに希求した時代は他に無かった。

 

雑感3

114日土曜日(2017年)、投稿子は所用で外出、帰りに駅を下りたのは20時を過ぎました。帰宅の途中、東に上り始めた周囲の夜空のまばゆさに驚きました。東は夜道の左手、小さな丘陵の構えはコナラハリエンジュなど雑木、それぞれが枝を空に伸ばしています。そして、地平を抜けても丘の高みと木々の重なりに遮られ、月そのものはまだ暗い。

月よ木々の隠れを抜けろ。最後の一句は

♪妹が目の見まく欲しけく夕闇の

         木の葉隠れる月待つごとし♪(112666

拙解釈:(七生落の美子ちゃんよ)木の枝にいまだ隠れるこの月を門立ちして待ってくれて欲しいな、(南平郷のヨッチャンが)月が抜けたら向かうところだから。

美子チャンがいざよいながらも待つは門の内、月の齢は15.7夜、イザヨイでした。了