部族民通信ホームページ更新8月30日   開設 令和元年5月20日 
 
神話が我らの
哲学を語る
     部族民通信 哲学の章 哲学のページ  
     人類学 神話 哲学 フランス語修辞 レヴィストロースを原典から 解説 
 

ヒッキョー、
思考と本質を説くのだ!
   ホーム  人類学  神話  哲学  読み物  かたい読み物  部族民料理  部族民ちゃり  部族民犬
        哲学主題の投稿(令和元年5月~)  
   食事作法の起源の番外、文化パラダイム(哲学読み切り) (2019年9月30日)
小筆はparadigmeを単純から複雑への経時変遷と捉える。il s’agit a partir d’un objet simple , de decouvrir une structure qui se retouvera dans un objet plus eleve>訳;ここで課題となるのは単純な対象から始めより複雑化した(eleve)対象の内の構造を探し出すことである。(PlatonMenonDic. de Philosophieから引用)。単純から複雑へ、これは思考のあり方として弁証法dialectiqueである。
 
 L'homme nuから  レヴィストロース自ら解説する構造主義 (哲学 8月30日投稿 
その地のささやかな動物園に棲むと伝わるウータンどもが胆でも潰したか。
(猿でも分かる構造主義の続きとして)
 胆を潰されたウータン、全体像は左をクリック
   レヴィストロースによるサルトル弁証法的理性批判2(終)  (哲学
人々を学ぶには自身の近くを見なさい、しかし個としての人を学ぶに(ルソーEssai sur l’origine des languesから)2019年7月31日投稿
 
  レヴィストロースによるサルトル弁証法的理性批判 1
思考の一形態に対して歴史法則、カントとヘーゲル・マルクスの差違をレヴィストロースが提起したのだ...  2019年7月31日投稿
 野生の思考の表紙は野生のスミレ。思考とスミレは同じ語pensee英語のパンジー。
   猿でも分かる構造主義 ジンジャンがカントに先験を教えた
続きを読む(元年5月30日投稿)
 300万年眠ってたら起こされて、大阪に連れてかれた
 現象論と構造主義の関係解明はやりかけレヴィストロースのみ紹介  弁証法、心理分析、現象論、構造主義 
 
 続きを読む(元年5月30日投稿)
 
アラカルトもご参照
ゴッホ アルルの跳ね橋
   
カツ丼の自由はアリサの勝手でしょ 4
 
続きを読む(元年5月30日投稿)

 ジッド
主題は自由を求める意志と行為、近代人の相克、苦悩でである。
カルテジアン(デカルト信奉者)
 
始めて
「自由」を考えたのだ
デカルト

カツ丼の自由はアリサの勝手でしょ 1~3 
カツ丼を食らい自由を堪能した
K氏が浮かれ気分 続きを読む(元年5月30日投稿)