部族民通信ホームページ   開設元年6月10日 更新2年6月15日
       部族民通信  人類学神話哲学フランス語修辞レヴィストロース解説
ホームページに
 
   読み物の頁  サイト主宰・蕃神(ハカミ)
   ホーム  人類学  神話  哲学  読み物  かたい読み物  部族民料理  部族民ちゃり  部族民犬
   レヴィストロース著神話学、第4巻「裸の男」フィナーレ(終楽章)解説3,4の続きです。
デコトラ、デコラクダ、アッラー降臨 もう一つの夕日 上 NEW
 
悲しき熱帯には2の夕日描写があります。蕃神はその2例目を本家のCoucherdeSoleil夕日考と勘違いしていた。あまり取りざたされないこの2例目の紹介です 続きを読む
 黄色いランドセル 日野市ふれあい橋 もう一つの夕日 下 NEW 読み物 6月15日投稿

入学式は通過儀礼、その大事を一年生でも知っていた 続きを読む

フィナーレ解説の1,2...は人類学の頁クリック
 パキスタン名物デコラクダ
   新型コロナ騒動巻き込まれ (読み物) 2020年5月15日投稿
不謹慎とされようが相手が目の前に移動してきたから、堂々と正面からその方を眺めても良かろう。ジロジロ目線が飛ぶ先のお相手はお歳の頃、40歳前半か。ならば若年増、額から頬の流れる線のあだなふくよかさ、ここは文子(ワカオ)様似
続きを読む
 ロードチャリの使い方に「逃げる」があった
 古賀都議(故人)  都議会議員古賀俊昭氏の告発  法輪功実践若者への臓器狩2020年3月31日 
妥協を知らず、失うを怖れず 人倫を貫いた。続きを読む
 
   ツェッペリンと戦略爆撃 (読み物)  2020年3月15日投稿
造の素材に当時、漸く工業化されたアルミニウムを採用、内燃機関にはダイムラー社からの供給が決まった。ダイムラーがエンジンを開発したのは1889年(本書11頁)なので、最先端の技術を組み合わせである。ドイツでなければ入手出来ないし、ドイツ人でなければ「船を空に浮かべる」夢を実現しようとは続きを読む
 
 法医学師シャルリエは毒殺とは断定しない 死の母子像 アニエス・ソレル 上 (読み物) 2020年2月29日投稿
死骸である。アニエスの遺言執行者の一人エチエンヌ・シュバリエ(Etienne Chevalier,シャルル7世の財務官1410~1474年)がフーケにソレル肖像を依頼した。フーケがアニエス・ソレルをつぶさに眼にしたのは5年の前、それが死骸続きを読む
死の母子像 アニエス・ソレル 下 2020年2月29日投稿
この状況を勘ぐれば、ロシュ王館では体調は悪くなかった。シャルルに重要事を告げると出立した途端、腹下しに見舞われ、最後の夜に大量の水銀を投与されて死んだとなる。続きを読む
 アニエス・ソレル
 イラン母  死刑について考えた 読み切り (読み物) 2020年1月31日投稿
「公平を期すなら残虐を恣にした殺人者に死刑を」(昨年末に執行された犯人中国人留学生は一家4人を肉剥ぎ、幼女撲擲など陵遅手口で殺人)「非人道は犯人の仕業で、死刑が見合う懲罰」「死刑のフランスの殺人率は日本を遙かに続きを読む
 
 渡辺崋山
(田原市博物館蔵、国の重要文化財
読み書き伝え」シリーズへのリンク
「...伝えるむなしさ」  「..絶対解は.目の前に 1」    「2」     「3」 にクリックで飛ぶ

読む楽しさ、書く苦しさ 伝えるむなしさ 
(読み物) 2020年1月15日投稿
( 書く苦しさ、絶対解は目の前に 1~3を書き下ろす前に1回読み切りで本文を投稿しました。その後すぐに、書き足り無いところを感じて「目の前1,2,3」を追加した次第です)
書くとは頭に、心と言い換える人も多い、あるなにがしかを文言、行と句に言い換える作業と信じていた。書く前に何をボードに託すのかを整理して、こつこつと粛々と、パチパチとキィを叩いて出来上がりだと思っていた。これが大間違。続きを読む

書く苦しさ、絶対解は目の前に 1
 (読み物) 
2020年1月31日投稿
 1月15日投稿の読む楽しさ、書く苦しさ 伝えるむなしさ の続編です。有神論で芸術を語れば神がすでに創造しているけれど、誰もそれまで探れなかった思想、これを見つけ出す工程を創造と言う。耶蘇信徒メルロポンティの引用を噛みしめて読めば「神が造りたまわる環境は調和にあふれ、その調和(思想)を探し得る知覚...続きを読む
書く苦しさ、絶対解は目の前に 2 (読み物) 2020年1月31日投稿

絶対の解は崋山の目の前に座り、目を光らせた泉石の存在そのものであろうか。それならば写実に徹すれば神の解を得られる。しかし小筆はその考えに与しない。物体としての泉石は創造の解ではない。崋山が温めた思想としての泉石が解なのだ....続きを読む


書く苦しさ、絶対解は目の前に 3 最終回  (読み物) 2020年2月15日投稿
凡人なる者(蕃神がその一人)は全く勘違いしているのだ。筆耕を繰り返せば、さらに手間をかければ何とかかんとか、完全と言えなくとも、そこに迫る仕上がり振りはモノに出来る、こう信じている。これが違うのだ...続きを読む
 徳永恂著「絢爛たる悲惨」に着想を得た




三島由紀夫の自筆原稿、ネットから採取。一字の訂正が見られない。
クリックで拡大写真に。
 
渡来部須万男の投稿


レヴィストロース教授室クリックで拡大
50年前留学事情 レヴィストロース、ルロワグーランとの対話 1
きっと重要な課程だから初めと、いつもの安請け合い思考で考えただけ。それなら講座も充実しているだろう。教授(professeur)の名にC.Levi-Straussがしっかりと書かれている。これならば同期となる学生にも俊才が揃うはずだ、早合点の期待に続きを読む
50年前留学事情 レヴィストロース、ルロワグーランとの対話 2 
待つと時間に遅れることしばし、前方からかなりくたびれた2CV(ドゥーシュヴォー、直訳すると2馬力車、シトロエンの大衆車)が独特エンジン音をバタバタと響かせ、目の前にプスーで止まった。同じクラスの顔見知りが前に2人、もう一人が後ろの左。後ろ右に座るのは見知らぬ女性、姿と格好から学生と知れる続きを読む
50年前留学事情 レヴィストロース、ルロワグーランとの対話 3 (読み物) 渡来部 投稿 2020年1月31日
Pouillonが伝えたクロードとは、レヴィストロースに決まっている。Collegeとはフランス学院である。公衆向けとは彼の公開講座、誰でも飛び込んで高邁なる説を無料で聞ける講座である。私のマヌケさにたじろいだとしても、いささかにも蔑み目つきなど素振りを顕わにせずに「クロードはレヴィストロース」と明かし...続きを読む
(読み物) 渡来部 投稿 2020年1月31日 
50年前留学事情  レヴィストロース、ルロワグーランとの対話 4 (読み物) 渡来部 投稿 2月15日
「初老男がレヴィストロースを演じているのではない、レヴィストロースが彼を演じているのだ」気を取り戻した。
続きを読む
 50年前留学事情 レヴィストロース、ルロワグーランとの対話 5
走馬燈を聞くがごとく流れて消えゆく一方通行、言葉の影のはかなさを後ろからこれぞと一言を引き抜いて、理解の手口はここにと当たりを付けたら、さらに前節、前々節でわだかまった言い回しを舌に噛みしめ、自分勝手でも良いからと続きを読む  投稿2020年2月15日 

 ルロワグーラン教授の北海道調査

ジャンプイヨン

公開講座のレヴィストロース、クリック拡大
   読む楽しさ、書く苦しさ 伝えるむなしさ (読み物) 2020年1月15日投稿
書くとは頭に、心と言い換える人も多い、あるなにがしかを文言、行と句に言い換える作業と信じていた。書く前に何をボードに託すのかを整理して、こつこつと粛々と、パチパチとキィを叩いて出来上がりだと思っていた。これが大間違。続きを読む
 絢爛たる悲惨徳永著
 埴輪には「身の内の地獄」をなすりつけられた棄損が残る 地獄は身の内1 enfer c'est nous-meme (人類学)
昔から「汚れ」は外。サルトルの名文句L’enfer c’est les autresに集約される。一方、新大陸先住民はどの部族にしても、汚れは身の内としている。ここで(L’enfer, c’est nous-meme、地獄は我々)なる句を        (元年7月1日出稿
地獄は身の内l'enfer, c'est nous-meme 2最終)2019年12月15日
穢れはなにがしかのきっかけで、戒めとして外に出る。きっかけを祟りと伝える...個人の穢れのみでは説明しきれない突発的不具合も露見する。親の祟り、先祖7代の祟りなどとそれらを教える続きを読む
地獄は身の内l'enfer, c'est nous-meme追加 明治天皇、英公爵と対面する
 謁見のしきたりとは平身低頭した臣の伺候を「御簾」の内から帝が聞く。「玉体不可視」が決まりで
あった。御簾を間にはさむには宗教的理由もある。これは神道根本の教条とからみ冒頭に挙げた「悪」の居場所と絡まって、思いがけない展開を後に導く続きを読む
 キーン氏が宮中に伝わる幣祓えを伝えた(エジンバラ公爵対面)
   日は数え月を読む 1 (読み物)
♪月読みの光に来ませあしひきの山きへなりて遠からなくに♪(4670
足下明かりが確かになってから来てくださいませ。山を越すとしても夜道も遠くはありませんから。
       (元年7月1日出稿) 
日は数え月を読む 2 (読み物)
万葉の代のみに妻問い「エデンの園」が実現したとは思えない。しかし妻問いに思いの丈の願望をこれほど希求した時代は他に無かった       (元年7月1日出稿)
 十六夜
 実存の自由の追求は出目キンコブ化 金魚鉢と出目金と実存主義 (元年6月30日出稿)
金魚鉢はガラスで出来ている。プラスチック普及は消費広くに及ぶけれど、見た目の涼しさが欠かせない金魚鉢に関してはガラスで決まり。その大きさは日本工業規格の番外(規格外編の28項)に記載されるが
 愛くるしい出目キンだったのに