部族民通信アラカルト
(webで元の頁に戻る)
ヴァリアンフライによるユダヤ文化人救出作戦

ネットからの情報を書き入れる。郵便貨物船paquebotCapitaine Paul Lemerle号は「ナチス拘束のおそれあるユダヤ人救済」を目的に19408月から13ヶ月、アメリカ人VarianFryにチャーターされていた。自身ユダヤ系の出自でジャーナリストとして地位を確立していた彼は、ナチスのユダヤ迫害の風聞に接し、さらに亡命者から実際を聞くにつけ同胞への迫害に心を痛めた。マルセイユに乗り込み、米国の対独最後通牒まで(194112月)救済活動を広げた。ヴァリアンフライVarianFry

Paul LeMerle丸

下の写しはネットから;米国ホロコーストミュージアムの記載で1940~41年、7度の航海を敢行し2000人のユダヤ人亡命者を救助したとある。

(救出された文化人のリスト一部、Wikipedia VarianFryより) 

面々がすごい。レヴィストロース以外にシャガール、アーレント、エルンスト、マン、マーラー(未亡人)(ブルトンは前述)。その後の活躍をうかがい知るに、もし、脱出できずナチスに彼らが拘束されたら、戦後文化の様相が変わったかもと感慨を抱く次第です。

マルセイユの目抜き通りを闊歩するVarianFry。1940年10月、アメリカとドイツは交戦していなかった。1941年12月、米国の対ドイツ宣戦布告によりヴィシー政権に拘束され強制送還された。米国ホロコーストセンターHP

レヴィストロースに限らず救済された諸氏はVarianFryセンターについて語っていない。救済する側とされる側に暗黙の契約があったのか。アメリカは亡命者を選ぶ、命を篩にかける。セントルイス号(乗客1000人のユダヤ人)のアメリカ寄港と亡命(1938年)受け入れに反対していたのはユダヤ系のオピニオンリーダー達であった(書籍・ストロベリーデイズより)。彼らは出港のハンブルグに戻り、多くが(すべてとも)ナチス収容所に送られた。
この亡命拒否がトラウマになってVarianFryが動いたのか。

さらに別格待遇で救出されたアインシュタイン、ハイフェッツにしても、己が選良だった故の待遇だとは一言も述べていない。ユダヤ救済のネットワークとは迅速に、極秘に冷酷に、かくや起動するかと思いを新たにした。

関連をクリック(LeMerle丸に行き着くまでの話)

(部族民通信2019年6月30日)