部族民通信アラカルト
(webで元の頁に戻る)
Congruence とは

本書巻末のシンボル表、デジカメ写真

(348頁)
中央部に=の3本線が見える。これがCongruenceです。その説明

神話学でイコール同一(identique)は「形formeと思想proprieteが合致して」する関係です。それ=に一本追加して3本線が横に置かれる、これがcongruenceでレヴィストロースの発明した記号です。その意味を小筆は、形が異なるが思想は同一と捉えます。「星を見つめる娘」「女の伏し目」は異なる形ながら悲しみという思想で同等、さればこれはcongruenceとなる。
ちなみにシンボルの意味を写真上から、
男と女
婚姻関係
兄弟姉妹、およびその不和
親子関係
伝播
伝播の活動
aに結びつけられる。次がCongruence(homologie、correspondenceと同義とある)
=は同一(identique)
Uは同盟、その破局
と続く。
(2019年6月30日)

(部族民通信サイトホームページに飛ぶクリック)