部族民通信ホームページ   開設元年6月10日 投稿2019年10月15日
         部族民通信  ホームページに  
ボロロ族酋長 
悲しき熱帯より
   神話学第3巻「料理作法の起源」PDFのまとめ 2019年10月15日投稿  サイト主宰
蕃神(ハカミ)義男
   

レヴィストロース神話学第3巻「料理作法の起源」を「続き」と合わせて5回投稿と成りました。次から第6章「BalenceEgale」に進むのですが、この章はこれまでと趣が異なります。そこでここで一旦、休止してこれまで作成したPDFをまとめ解説します。

 

5葉を作成した。

1      文化の三重三角形PDFをクリック

いかに文化の創成が偶然だったか。文化とは畢竟、火を使い狩りで獲った獣の肉を調理する事に尽きるけれど、そこにいたるまでの冒険(=ボロロ族英雄バイトゴゴ)が基準神話(M1)で語られる。それを三角形に置き換え、文化が成り立つ範囲を楕円で示している。
<文化・社会の創成はかくも偶然
婚姻同盟の周期、再生産性、天文の周期性(太陽と月の交代)、女の周期性(月経)が無ければ文化は生まれなかった。化の3重3角形。 掲載される記事は食事作法の起源3 >

2      モンマネキ神話に見るパラダイム。PDFクリック

モンマネキは本書「料理作法」の基準神話のヒーローで、M1神話を引き継いで「火と調理肉」だけの文化を充実すべく、孤軍奮闘する訳だが、同盟(婚姻が)一つも結べなかった。(解説した頁は  クリック)文化の偶然性に翻弄された英雄と言える。村から出奔して行方知れずとなりはてた。
< 自然人獣混淆から社会、近親婚族外婚を経て婚姻規則 周期性の模索社会、同盟、行動から天文現象にも 掲載される記事は食事作法の起源3  

12では文化の理念を追求している。

以降の3葉は代表的(それぞれが巻の基準)神話取り上げ、その概容を見比べた。

3      3神話の比較。PDFクリック

取り上げたのはM1(ボロロ族)とモンマネキ神話、アサワコ神話(クリック)である。それら概容の共通性を検分してください。
<英雄バイトゴゴ、妻問いモンマネキ、アサワコの失恋
何故、文化はたやすく創成されないのか、火をもたらしたバイトゴゴ(M1神話)は洪水と人々の殲滅を招き、魚を創造したモンマネキ(M354)はインコに変身して人社会から逃げ出す。そしてアサワコの愛は実らず、カヌーで戻るWai..の目に涙 掲載される記事は食事作法の起源1 同 2

 

4      モンマネキと月の嫁比較。PDF

横軸と縦軸を意識して比較分析した。横軸は共時、分析理性で「神話的理念」においての状況の分析。段階毎に孤立、同盟模索などを提題として、行動し判定し、失敗(成功)に行き着きます。
南北アメリカ隔たり8000キロTukunaとArapaho族神話は共通。NEW
目的は婚姻同盟の確立 、きっかけは孤立、社会がまだ成り立っていない危機。一方は洪水で村落壊滅、片方は天上での孤立。幾度かの試みは失敗続き、月の嫁神話では同時に例でいずれも結果は失敗、文化維持の脆弱基盤を嘆く
掲載される記事は食事作法の起源の続き1

5      M1神話、モンマネキ神話、月の嫁神話を取り上げ、それらが概要の相似と伝播の可能性を示している。このPDF表にして神話学1巻と3巻の結論であるかと考えています。PDFクリック(本PDFはこの「まとめ」に作成したオリジナルとなります)